Top > 英語 > 疑問文を作り、それに答える

疑問文を作り、それに答える

「英文を覚えたら、疑問文を作り、それに答える」練習をする必要がある事をお伝えしました。

今回は、「実際にどのように「疑問文」を作り、答えればいいのか」についてお話ししたいなと思います。

「疑問文を作りなさい」と言われると「何を質問」していいのか分からなくなってしまう方がほとんどです。

しかし、質問の数は思ったより限られています。
まずは、質問リストを書くので見てください。

1.
What/What kind of/What time
When
Where
Who
Why
Which
How/How often/How long/How far/How much/How many

これは日本語でも英語でも、どの言語でも言える事だと思いますが、これ以上質問は考えられないですよね?

まずは上のリストを覚えてしまいましょう。

上のリストを覚えたら次に覚えて貰いたいのが、

2.
do you/did you/are you going to
are you/were you/are you going to be

1+2=情報を聞く疑問文
2だけの質問文=答えがYesかNoの疑問文

会話の8割は、現在・過去・未来形なので、
上の1と2の組み合わせで会話の中の8割もの質問は作る事ができます。

 英語ぺらぺら君 初級編・中級編のホンネの評価と口コミ

 

英語

関連エントリー
疑問文を作り、それに答える
カテゴリー
更新履歴
「アフィリエイトで稼ぎたいから」と...。(2018年4月19日)
疑問文を作り、それに答える(2018年4月 3日)
妊活専門の管理栄養士っているの?(2018年3月19日)
吃音緩和における大きい障害(2018年3月 5日)
テンションをあげるときの行動を作る(2018年2月 9日)